性格の不一致による離婚について

f:id:clockworks_net:20170422135915j:plain

結婚生活をしばらく続けていると、どうしてもお互いの価値観であったり、すれ違いなどが生じるケースも多々あるために、そこで夫婦の溝が深まることも少なくありません。その結果、性格の不一致が激しくなり、離婚という最悪の事態となることも珍しくはないでしょう。

当然ですが、かなり性格面で合わないのであれば、結婚生活を続けていくのが大変ですし、不安な部分も大きくなりますよね?

この先ずっと結婚生活を送っていけるのか悩むでしょうし、溝が深まればそれだけ一緒にいるのが苦痛になる場合もあるかもしれません。

そのために、夫婦間で相当趣味や価値観などが違ってくると、それが性格の不一致を招く原因となるので、離婚という結果になってしまう夫婦もたくさんいるのです。結婚した当初はなんだかんだで我慢できていても、ずっと暮らしているとそれが嫌になってくるというケースもかなりあるでしょう。

価値観が大きく異なる場合、それが原因で離婚になることも多いのです。性格を似せるのは簡単ではありませんが、少しずつでも歩み寄りの姿勢を見せるのも大切になります。それができないと離婚に発展してしまう可能性が高いでしょう。

夫が家庭を顧みない場合は離婚しやすい

男性に多い問題ですが、仕事などが忙しかったり、趣味や愛人などをつくってろくに家庭を顧みないという方も大勢いらっしゃいますよね?それは夫婦である以上、妻からすれば許し難い問題でもありますし、夫が家庭をほとんど顧みないというのであれば、夫婦が破綻しているということにもなるために、離婚しやすくなります。

当たり前ですが、夫が家庭を留守にすることが多くなれば、妻としては不安材料がかなり多くなるので、もしかしたら浮気している!何か怪しい!という思いを抱いてしまうケースも少なくないはずです。

そのこともあって、夫側が家庭を軽視し、家に帰るのが遅かったり、何日も帰ってこないという場合、妻とすれば結婚生活を続けていくのは難しいために、それが離婚原因となることも多々あるのです。夫婦はほぼ毎日一緒に家で過ごすのが当然なので、出張などを除けば毎日一緒に生活するのが自然なことでもあるでしょう。

家庭をほとんど顧みないという場合、それは離婚という結果になってもおかしくないのです。家庭を大切にすることが夫婦円満の秘訣ということもあるので、家庭を疎かにしている場合はかなりの注意がいるでしょう。

DVが原因で離婚する夫婦も多い

最近では夫の暴力、つまりDVに悩まされる女性も多いですよね?当然、夫からのDVがひどくなると、妻からすればすごい恐怖心の中で毎日生活していかなければいけないために、毎日が苦痛でしかありません。そのため、夫からのDVがあまりにも激しいという場合であれば、それは離婚されても仕方ありません。

DVは傷害罪でもあるために、本当なら立件される問題ですが、夫からの暴力や逆恨みが怖いために、なかなか言い出せない女性も珍しくはないのです。夫からのDVに逃れるために、今ではたくさんのシェルターが用意されていることも多く、そこに隔離して離婚話を進めていく女性も大勢います。

夫婦生活を送っていく上で、夫からのDVがひどければ、それは離婚という結末になる可能性が高いですし、まともな結婚生活を送ることが不可能になります。近頃はこのような夫からの暴力に悩んでいる女性もかなり多いために、DV件数もぐんぐん上昇していますし、それが原因で離婚している夫婦も多数いらっしゃいます。

DVは離婚に大きく結びつく問題でもあるので、思い当たる男性はすぐにDVをストップできるようにしなければなりません。DVは決してしてはいけない行為なのです。離婚原因の中でも相当増えているのが、このDV問題でもあります。

モラルハラスメントによる離婚に関して

少し前に、芸能人カップルの高橋ジョージさん夫婦が、モラルハラスメント問題が原因で離婚したというニュースがありましたが、やはり、夫婦である以上お互いを尊重していく必要がありますし、モラルハラスメント通称モラハラがひどくなれば、離婚したくなることもあるでしょう。

男性からすれば、女性よりも優位に立ちたいという昔ながらの考えが残っている方々も多いですが、今では女性の立場も昔よりも強くなっているので、昔のような考え方では通用しなくなっているのも事実としてあります。

なので、モラハラが原因で結婚生活がダメになったという夫婦も相当いますし、十分な離婚原因となるのがそのモラハラなのです。それくらい、モラハラは良くないことなので、今もし思い当たる場合、それは注意していくのが大切ではないでしょうか。しているほうはあまり意識していないことも多いので注意が必要かもしれません。

モラハラは言葉のちょっとしたことでも、相手からすれば全く受け取り方が違うので、かなり注意することが求められます。夫婦であっても、守るべき点もたくさんあるのです。

セックスレスによる離婚

夫婦である以上、夜の営みをするのも当然のことでしょう。しかしながら、世の中にはたくさんのセックスレス夫婦が存在するのです。セックスレスが長引いてしまうと、それは愛が冷めているという証拠でもあるので、良い関係を築いていくことが困難になりますよね?

夫婦のどちらか一方がしたくても、片方はしたくないという場合、セックスレスが原因で離婚という結果になることも少なくないでしょう。セックスレスというのはそれほど大きな問題でもあるので、夫婦であれば夜の営みを続けていくのが自然な流れですし、それがなくなれば結婚生活も楽しくないはずです。

そのため、セックスレスがずっと続いているという夫婦でしたら、離婚になる前に何とか夜の営みをできるように努力していくことが大切ではないでしょうか。

残念ながら、もう愛が完全になくなってしまった!という夫婦であれば、セックスレスを解消するのは難しく、その結果離婚ということになる確率が極めて高くなります。離婚というのは本当に最終局面でもあるので、できればそうなる前に何とか避けたいでしょうし、離婚をするには裁判など面倒な問題も少なくないのです。

ストレスも大きく溜まり、離婚はたくさんの苦悩が待っているでしょう。セックスレスはつらいですし、夫婦破綻の大きな要因となります。

rocketnews24.com