離婚したいのに相手が離婚に同意をしてくれない

f:id:clockworks_net:20170418080022j:plain

こちらがどんなに離婚を望んでいたとしても、配偶者が「離婚の意思はない」と、離婚を拒否してしまう場合があります。
離婚は「離婚届」を提出してそれを受理される事で「離婚完了」となります。
しかし、「離婚に同意しない」という配偶者は、その離婚届に記入してくれない、判を押してくれないという困った事が起こる場合もあるのです。

そんな配偶者に離婚を同意させるには、言葉で訴えかけてもなかなか上手くいかないでしょう。
また、離婚の話し合いの場を設けたとしても、のらりくらりと言い訳をして不参加になるか、参加しても拒否の意思は固いという場合が多いのです。

こういった離婚に同意しない配偶者に対して有効な手段は、例えば「離婚調停」です。
離婚調停とは家庭裁判所にて、離婚調停の申し立てをし、そこで夫婦以外に「調停委員」を交えて話し合いでもって離婚問題を解決するという事になります。
しかしあくまで「調停」ですから、必ず離婚が出来るという訳ではありません。

調停よりも強制力が強いのは「離婚訴訟」です。
訴訟を起こすには「配偶者が浮気・不倫をした」、「配偶者が家出をし育児放棄をした(悪意遺棄)」といった事が条件になります。

他にも「配偶者が失踪し3年以上生死不明である」、「配偶者が精神的な病にかかり回復する見込みがない」、「DV等で婚姻関係が継続できない」という理由も認められます。

これら全ての条件に当てはまっていないと訴訟が出来ないという事はなく、どれか1つでいいのです。

どんなに話し合いをしても離婚が出来ずに困っているという場合は、離婚訴訟も視野に入れておきましょう。

離婚すると経済的に不安定になるので離婚が出来ない

今まで専業主婦であり、貯金があまりない、離婚して独り身になったとしても生活費を稼ぐ術がないという人は、離婚したくてもなかなか決断できないでしょう。
また、小さな子供がいる、持病がある事で外へ働きに出る事が出来ないといった場合もあります。

このように、「離婚はしたい、けれど離婚した後の経済的な状況を考えると、離婚は出来ない」と思っている人は多いのです。

長年専業主婦で過ごしていると、空白期間がある為に、なかなか安定した職に就くという事も難しくなってしまいます。
それが資格を持っていない、年齢を重ねている、働いた経験が少ないとなれば、尚更でしょう。

また、小さな子供がいる場合は、まずはその子供を預かってもらえる施設を探さなければなりません。
しかし現在は託児所もかなり狭き門であり、「保育園に入れない」と嘆く親御さんも沢山いるのです。

人ひとり食べていくのもやっとな状況だと考えると、子供がいる場合はもっと離婚に対して消極的になってしまうのも頷けます。

世間体が気になって離婚に躊躇してしまう

自分の両親や親戚、そして友人や知人、職場の同僚や家の近所の人々と、それらの人に「離婚した」事がバレるのが、恥ずかしいと考える人もいます。
離婚はネガティブであり、してはいけない事で、離婚をしてしまう人には何か欠点があるといったイメージを持っている人もいる為です。

また、結婚していないと出世が出来ないような職業に就いている場合や、プライドがとても高い人の場合は特に離婚を嫌がります。

心の奥底では「離婚したい」と考えていたとしても、世間体や離婚をした後の自分のイメージダウンを考えると、行動に移せないのです。

例えば一番離婚をする事でネガティブイメージを持たれやすいのは、芸能関係の仕事に就いている人でしょう。
他には金融関係や公務員といった職業に就いている人も、周囲から離婚=悪だと思われやすいのです。

現在の10代20代にはこういった考え方を持っている人は、少なくなってきました。
しかし40代50代といった年代の方の中には、まだまだ「離婚はしてはいけない事」という考え方を持っている人がいます。

子供の精神に影響を与えやすい親の離婚

夫婦の間に子供がおり、離婚後にその子供を、どちらか片方の親が引き取り育てる事になりました。

この時に子供の身に起こる事は、「学校が変わるかもしれない事」、「引っ越しして友達と離れ離れになるかもしれない事」、「もう片方の親と会えなくなる事」があります。

そして「片親になり、その親が働きに出ている間は子供が1人きりになる可能性が多くなる」という事でしょう。

まず離婚をして子供の親権を貰ったら、そのまま元配偶者とは離れた場所で暮らす為に、子供を連れて引っ越しをする人が多いのです。
そうすると幼稚園または学校に通っている子供は、引っ越しによって学区が変われば今まで通っていた学校へ通学する事が出来ません。
そして今まで仲良くしていた同級生や友達と、もう会えなくなってしまうかもしれないという事にもなりかねないのです。

更にもう片方の親ともしも謁見禁止となっていた場合、下手をすると大人になるまでその親に会う事は叶わないでしょう。
そして片親となってその親が生活費を稼ぐ為に仕事に出ている間、子供は孤独を感じる機会が多くなってしまうのです。

このように、親の離婚1つで子供にとって大きな転機が幾つも起こる事を考えると「子供がかわいそうだ」と離婚できない人もいます。

シンプルだけど有効な手段!離婚できないなら取りあえず別居

配偶者が離婚に納得しない、経済的に不安があって離婚を決意できない、世間体が心配で離婚出来ない、子供が気になって離婚できないという場合に1つの選択肢があります。

それは「別居」、つまり夫婦が別々の家に住んでしまう事です。

離婚は出来ない、まだする段階までは進んでいないので出来ない(したくない)けれど、別居なら出来そうと思って、別居を決断する人もいます。
別居は離婚程ネガティブなイメージを持たれておらず、むしろ「別居して頭を冷やせば再構築が出来る」といった考えを持つ人もいる為です。

どうしても一緒に暮らしたくないけれど、離婚を言い出せない、離婚はしたくないと拒否をされているならば、潔く「別居」を言い渡してしまいましょう。
そして別居は最低でも5年という年月があれば、「別居を理由とした離婚」が出来る可能性も高まってきます。
配偶者も離婚は認めないけれど、別居であればと譲歩する人もいるでしょう。

そして別居という形は、金銭面でも世間体でも子供にとっても、離婚よりはまだ良いでしょう。

衝動的に離婚をしたいと思ってしまってもまずは別居をして、後はゆっくりとこちらが配偶者に対して思っている事を、伝えるようにしましょう。

entermeus.com